ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方の要素

ゴルフクラブの選び方を考える時にどんなクラブを選び、そのゴルフクラブはどんな使い方をするのか知っておくことは重要です。
特にドライバー、フェアウェーウッド、ユーティリティーなど種類や使い方も多様化してきています。

ゴルフクラブの選び方としては、ゴルフクラブの性能や特徴に影響を及ぼす要素は沢山ありますが、ロフト、フェース角、重量、シャフト、クラブヘッド、バランス、ソールなどについて、基本的な知識を知っておく事から始めましょう。

ゴルフクラブの種類でもご紹介しましたが、最近の技術進歩でドライバー、フェアウェーウッド、ユーティリティーなどのクラブが各ゴルフクラブのメーカーのカタログなどでも目立ちます。
以前にはゴルフクラブのセットに入っていなかったクラブにお気づきでしょう。
ドライバーにしても、技術進歩で一昔前(と言っても数年前)のドライバーとは比較にならないくらい技術革新がなされています。
今現在使っているドライバーを思い切って最新モデルに変えてみる、すると、飛躍的に飛距離が伸びる可能性は大いにあります。

【最近のドライバーの傾向】
■最近のドライバーは素材が、チタンなどの軽量素材の特徴を上手く使った大型ヘッドで、スイートエリアも大きくてボールを捉えやすくなっている。
■最近のドライバーは 低スピンで高い打ち出し角によって距離を出す設計になっている。
(もちろんボールも対応して変化しています)

ゴルフクラブの選び方の情報源として、ゴルフクラブのカタログには様々な情報が集約されていますので、ゴルフクラブの選び方に必要な知識を持った上で見ると面白いですよ。




posted by ゴルフクラブ at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブの選び方、基礎知識

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方の前にゴルフクラブについて

ゴルフクラブの選び方の前にゴルフクラブの種類について、紹介しておきましょう。

ゴルフクラブの選び方に関係してくるクラブの種類は大きく別けてウッドとアイアンに区別されます。
そして、クラブには「2番、3番」などの番手があり、番号が大きくなるほど短い距離を打つためにデザインされています。
また、最近では、ユーティリティと呼ばれる、アイアンとウッドの中間的特性持つクラブも登場してきておりゴルフクラブの選び方も多くなっています。

ゴルフクラブの種類:ウッド
従来は、ヘッドが木製が主流であったためこの名前に。
最近はチタンなどメタル製やカーボンとメタルの複合製に取って代わらたが、ウッドと呼ばれるています。
1番ウッド(ドライバー)、2番ウッド(ブラッシー)、3番ウッド(スプーン)、4番ウッド(バッフィ)、5番ウッド(クリーク)、6〜9番ウッド
ドライバー以外のウッドを以外を最近は総称してフェアウェイウッドと呼ぶようになっています。

ゴルフクラブの種類:ユーティリティ
ウッドとアイアンの中間に位置するクラブで、形状も中間である。
やさしく飛ばせて、ボールが上がりやすいと言われています。

ゴルフクラブの種類:アイアン
大きな角度をつけられた短距離用のウェッジ、グリーン近くで使用するピッチングウエッジ、バンカー用としサンドウェッジなどの種類があります。

1番〜9番アイアンと番手はありますが、1、2番はあまり使われなくなったため、最近ではゴルフクラブのメーカーのカタログを見ても3番〜9番しか見当たりません。

ピッチングウェッジ (PW)グリーンへの寄せの際によく使用されます。
サンドウェッジ (SW)バンカーからの脱出の際によく使用されます。
アプローチウェッジ (AW)ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフト角のクラブです。

ゴルフクラブの種類:パター
グリーン上で使用するクラブで、その使い方はパッティングと呼ばれ、最後の最後、グリーン上でカップインさせる時に使われます。
posted by ゴルフクラブ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブの選び方、基礎知識
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。