ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブのバランスの測定方法

ゴルフクラブのバランスを測定する方法としてよく知られている方法として「14インチバランス法」という計測方法があります。
この計測方法は、まだカーボン製のゴルフクラブなどなかった時代に考案されたゴルフクラブのバランス計測法ですが、現在でもゴルフクラブのバランスの計測器など、この14インチバランス法が採用されています。
【注意】素材等により一概には言えませんし、各ゴルフクラブのメーカーもゴルフクラブのバランスの基準にのこの14インチバランス法で求める数値と多少違うようです。

ゴルフクラブのバランス計測として、14インチバランス法で、現在自分で使っているゴルフクラブのバランスを計測する事で、ゴルフクラブの調整、ゴルフクラブを購入する場合の参考として活用する事ができます。

【14インチバランス法計算式】
(重心距離−14インチ)×総重量=数値
■1インチ=25.4mm ■1オンス=28.35g
この計算方式は、元々外国で考案された物ですので、インチとオンスでの計算方法となっていまので14インチバランス法をする場合には、ミリやグラムをインチ、オンス換算して計算します。

その数値ををゴルフクラブのバランスの尺度である数値に当てはめる(換算一覧参照)とD1,D2といった値が導き出されます。

【14インチバランス法換算一覧】
A6 171.5 /A7 173.25 /A8 175 /A9 176.75
B0 178.5 /B1 180.25 /B2 182 /B3 183.75 /B4 185.5 /B5 187.25 /B6 189 /B7 190.75 /B8 192.5 /B9 194.25
C0 196 /C1 197.75 /C2 199.5 /C3 201.25 /C4 203 /C5 204.75 /C6 206.5 /C7 208.25 /C8 210 /C9 211.75
D0 213.5 /D1 215.25 /D2 217 /D3 218.75 /D4 220.5 /D5 222.25 /D6 224 /D7 225.75 /D8 227.5 /D9 229.25


posted by ゴルフクラブ at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのバランス

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブのバランス

ゴルフクラブのバランスとよく聞きますが、そもそもゴルフクラブのバランスとは何でしょう?

ゴルフクラブのメーカーの用意しているカタログをご覧になれば分かりますが、そこには必ず、そのゴルフクラブのスペック表が載っています。
ゴルフクラブのスペック表には番手、ロフト角、ライ角、長さ、クラブ重量、そして「バランス」という欄が必ずあり、D0,D1,D2などと言う記号が載っています。
これがゴルフクラブのバランスを示す数値です。

では、このゴルフクラブのバランスの数値はどういうものなのでしょうか。
これは重量のバランスを示す数値で、ヘッドの方に重量が偏っている数値だと、バランスの重いクラブということになります。
A1〜C0→C1→C2→〜C9→D0→D1→D2→〜F9と言うようにゴルフクラブのバランス数値が低いほど軽く感じて振りやすいく、ゴルフクラブのバランス数値が大きいほど、ヘッドに重量が偏るために重く感じて振りにくくなります。

ゴルフクラブのバランス数値はレディース用などでB9やC0などをよく見ますし、男性用では、D1、D2などをカタログではよく見ますね。

つまり、ゴルフクラブのバランスはクラブを持ったとき、スイングした時の重さまたは配分を示すともいえます。
ゴルフクラブの総重量が同じでもこのゴルフクラブのバランス数値が違えば、持ったときの重さは違って感じられるます。
簡単に言えば、たとえば長さ2mの竹ざおでも真ん中を持てば片手で軽く持てますが、一番端を持っては重く感じて持てないと言い換えれますね。

このように考えれば、ゴルフクラブのバランスが及ぼす影響はゴルフクラブのセッティングや、ゴルフクラブを選ぶ際の目安として役立ちますね。
つまり、ゴルフクラブを選ぶ時に、少しヘッドが重く感じたら、数値を少し低い物を試す、また反対に軽すぎたらゴルフクラブのバランスの大きい物を試せばいいのです。
※実際にはシャフトのしなりなども関係してきます。
posted by ゴルフクラブ at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのバランス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。