ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方、シャフトのトルクについて

ゴルフクラブの選び方の参考としてカタログなどでもスッペックとして紹介され重要なゴルフクラブのシャフトのトルクについて説明します。

まずはシャフトのトルクとは何かというと「ねじれの強さ」といえます。
簡単に説明すると、ボールを打った場合にヘッドで捕らえたボールのインパクトの時に掛かる力はシャフトへと伝わってくるわけです。
ボールに当たる場所はシャフトの直線上ではなく、ヘッドな訳ですから、ヘッドはシャフトとの接点を中心に回ろうとする力が働きます。
しかし、ゴルフクラブをのシャフトは回転しないわけですから、この時シャフトには「ねじれ」発生しますよね。
このインパクトの時のねじれの強さ、つまりねじれる量を数値化したもので、ねじれの硬さの指標となるがトルクです。

よく、ハイトルクとロートルクのなど聞きますよね。
ハイトルクは、ねじれが大きい場合で数値的には4以上といわれています。
ロートルクは反対に、ねじれが少ない場合で、数値的には4未満といわれています。

ねじれるということはボールを打ったときのフィーリングと飛距離や弾道にも影響が出ますね。
フレックスが硬くても、ハイトルクの場合はインパクトが柔らかいフィーリングになり、フレックスが柔らかくても、ロートルクの場合はインパクトが硬いフィーリングになります。

カタログなどで調べると、しなりの欲しいウッドではハイトルク、コントロール重視のアイアンではロートルク。
そしてレディースはハイトルクというようになっていますね。

ゴルフクラブの選び方の参考にしたいですね。


posted by ゴルフクラブ at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのシャフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。