ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブのシャフトについて

ゴルフクラブのシャフトについてご紹介していきましょう。

ゴルフクラブの選び方のポイントである、ゴルフクラブのシャフトの種類は、スチール・シャフトとカーボンシャフトに大きく分ける事ができます。
ドライバーは一般に、飛距離を稼ぐ事がが目的の為、カーボンシャフトが一般的にになっています。
一方、アイアンは飛距離ではなく正確さが要求されるクラブである事や、価格面からもスチールシャフトの人気が高いとされています。

ゴルフクラブの選び方のポイントとなるシャフトの特性は、ゴルフクラブのカタログなどでスペックとして掲載されている、カーボンかスチールか、硬度(フレックス)、重量、調子(キックポイント)、トルク、長さなどに大きく影響されます。
さらにヘッドの重量、重心距離、重心高さ、慣性モーメントなどのシャフトとヘッドのバランスや相性といった事などでも実際に受ける印象は大きく変わってきます。

一般的にヘッドスピードとスイングのタイプによって向いているシャフトは判断する事ができます。
力があって、ヘッドスピードが早い場合は 硬く重めでトルクの低いものが適していると言われています。
力がなくて、ヘッドスピードが早く場合は、あまり硬くないトルクも中位のシャフトが適していると言われています。

反対にヘッドスピードの遅い場合は、軟らかくて軽めのシャフトを選べば良いと言われています。
また、キックポイントが先のクラブはボールが上がり易く適している場合もあります。
アイアンの場合でカーボンか軽量のスチールのシャフトが適している場合が多いようです。

かなり大まかな説明になりましたが、次からは、ゴルフクラブのスッペックとして紹介され重要なシャフトの硬度(フレックス)、キックポイント、トルク、などの説明に入っていきます。


posted by ゴルフクラブ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのシャフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。