ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方、シャフトのトルクについて

ゴルフクラブの選び方の参考としてカタログなどでもスッペックとして紹介され重要なゴルフクラブのシャフトのトルクについて説明します。

まずはシャフトのトルクとは何かというと「ねじれの強さ」といえます。
簡単に説明すると、ボールを打った場合にヘッドで捕らえたボールのインパクトの時に掛かる力はシャフトへと伝わってくるわけです。
ボールに当たる場所はシャフトの直線上ではなく、ヘッドな訳ですから、ヘッドはシャフトとの接点を中心に回ろうとする力が働きます。
しかし、ゴルフクラブをのシャフトは回転しないわけですから、この時シャフトには「ねじれ」発生しますよね。
このインパクトの時のねじれの強さ、つまりねじれる量を数値化したもので、ねじれの硬さの指標となるがトルクです。

よく、ハイトルクとロートルクのなど聞きますよね。
ハイトルクは、ねじれが大きい場合で数値的には4以上といわれています。
ロートルクは反対に、ねじれが少ない場合で、数値的には4未満といわれています。

ねじれるということはボールを打ったときのフィーリングと飛距離や弾道にも影響が出ますね。
フレックスが硬くても、ハイトルクの場合はインパクトが柔らかいフィーリングになり、フレックスが柔らかくても、ロートルクの場合はインパクトが硬いフィーリングになります。

カタログなどで調べると、しなりの欲しいウッドではハイトルク、コントロール重視のアイアンではロートルク。
そしてレディースはハイトルクというようになっていますね。

ゴルフクラブの選び方の参考にしたいですね。


posted by ゴルフクラブ at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのシャフト

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方、シャフトのキックポイント(調子)について

ゴルフクラブの選び方の参考としてカタログなどでもスッペックとして紹介され重要なゴルフクラブのシャフトのキックポイント(調子)について説明します。
シャフトの性能の中でもキックポイントは、特に重要と言われています。
シャフトの最もしなりの大きい部分、つまりシャフトを振った時のしなりの頂点をキックポイントと言います。
魚釣りの釣竿を連想すると分かりやすいかもしれませんね、シャフトの感触に大きく影響を及ぼします。
キックポイントは、その位置により球筋が大きく変わり、まったく同じスイングでボールを打った場合、キックポイントをヘッドに近い先調子にすると高い弾道に打つ事ができ、グリップに近い手元調子にすると低い弾道になると言われてます。
なぜかと言うと、キックポイントの位置によって、ボールを打ち出される角度が変化するからと言われています。
また、フライテッド・番手別フローという表現がスペックに見られることがあります。

■先調子・ローキックポイント(LK)高い弾道に打つ事ができる。
■中調子・ミドルキックポイント(MK)ゴルフクラブに最も多いタイプです。
■手元調子・ハイキックポイント(HK)低い弾道に打つ事ができる。
■フライテッド (flighted) フロー設計という、ショートアイアンでは手元調子、ミドルアイアンは中調子、そして、ロングアイアンが先調子に調整されたシャフトのこと。

先調子は飛距離を増すロングアイアン向きで、手元調子は正確さが要求されるショートアイアンに向いているとされています。
※スチールシャフトは、ステップの調整で、キックポイントの設定可。

ゴルフクラブの選び方キックポイント(調子)
posted by ゴルフクラブ at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのシャフト

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方、シャフトのフレックス(硬度)について

ゴルフクラブの選び方の参考としてカタログなどでもスッペックとして紹介され重要なゴルフクラブのシャフトフレックス(硬度)について説明します。

【ゴルフクラブのシャフトの硬さの表示例】ウイルソン
「フレックス」−−-「R」-「SR」-「S」-「SS」
「シャフト重量」−「48」「52」「58」「66」
「トルク」−−−-「5.3」「4.9」「4.4」「3.7」
「キックポイント」-「中」-「中」-「中」-「中」

【ゴルフクラブのシャフトの硬さの表示例】ダンロップ
シャフト−W#1(適合)−−−−−−W#1(高反発)
「硬度」「調子」「重量」「トルク」−「調子」「重量」「トルク」
「S」−−「中」「53」「4.4」−−-「中」「53」「4.4」
「SR」−「中」「51」「4.5」−−-「中」「51」「4.5」
「R」−−「中」「48」「4.6」−−-「中」「48」「4.6」
「R2」−「中」「47」「4.9」−−-「中」「47」「4.9」

上記はゴルフクラブの選び方の参考にするゴルフクラブのメーカー、ダンロップとウイルソン、2社のカタログでのドライバーのシャフトの表示方法です。
シャフトの硬度・フレックスは基本的に柔らかい方から順に J・L・A・R・SR・S・X・XX と表示されます。
上記例では硬度・フレックスはR2〜SSとなっていますが、R2やSSはメーカー独自の表現で、その上か下の硬度との中間と考えればよいようです。
このようにゴルフクラブのメーカーが独自な方法でシャフトの硬さを表示しているので、メーカーにより全般的に硬く感じる事もありますし、同じメーカーのシャフトでもシャフトのバリエーション、素材なども違いなどで微妙にどちらかに振る事があります。
しかし、ゴルフクラブの選び方という点では、この硬度・フレックスは参考値としては重要で、試打が出来る場合や、現在のクラブと比較する時などに重要になってきます。
例えばヘッドスピードの遅い人は硬度・フレックスS以上の硬いシャフトは避けた方が良いと言われていますし、試打や、現在のクラブが硬度・フレックスがSで飛ばないという場合などSRにしてみると飛距離が伸びるなどといったこともあります。
posted by ゴルフクラブ at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのシャフト

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブのシャフトについて

ゴルフクラブのシャフトについてご紹介していきましょう。

ゴルフクラブの選び方のポイントである、ゴルフクラブのシャフトの種類は、スチール・シャフトとカーボンシャフトに大きく分ける事ができます。
ドライバーは一般に、飛距離を稼ぐ事がが目的の為、カーボンシャフトが一般的にになっています。
一方、アイアンは飛距離ではなく正確さが要求されるクラブである事や、価格面からもスチールシャフトの人気が高いとされています。

ゴルフクラブの選び方のポイントとなるシャフトの特性は、ゴルフクラブのカタログなどでスペックとして掲載されている、カーボンかスチールか、硬度(フレックス)、重量、調子(キックポイント)、トルク、長さなどに大きく影響されます。
さらにヘッドの重量、重心距離、重心高さ、慣性モーメントなどのシャフトとヘッドのバランスや相性といった事などでも実際に受ける印象は大きく変わってきます。

一般的にヘッドスピードとスイングのタイプによって向いているシャフトは判断する事ができます。
力があって、ヘッドスピードが早い場合は 硬く重めでトルクの低いものが適していると言われています。
力がなくて、ヘッドスピードが早く場合は、あまり硬くないトルクも中位のシャフトが適していると言われています。

反対にヘッドスピードの遅い場合は、軟らかくて軽めのシャフトを選べば良いと言われています。
また、キックポイントが先のクラブはボールが上がり易く適している場合もあります。
アイアンの場合でカーボンか軽量のスチールのシャフトが適している場合が多いようです。

かなり大まかな説明になりましたが、次からは、ゴルフクラブのスッペックとして紹介され重要なシャフトの硬度(フレックス)、キックポイント、トルク、などの説明に入っていきます。
posted by ゴルフクラブ at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのシャフト

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方の要素

ゴルフクラブの選び方を考える時にどんなクラブを選び、そのゴルフクラブはどんな使い方をするのか知っておくことは重要です。
特にドライバー、フェアウェーウッド、ユーティリティーなど種類や使い方も多様化してきています。

ゴルフクラブの選び方としては、ゴルフクラブの性能や特徴に影響を及ぼす要素は沢山ありますが、ロフト、フェース角、重量、シャフト、クラブヘッド、バランス、ソールなどについて、基本的な知識を知っておく事から始めましょう。

ゴルフクラブの種類でもご紹介しましたが、最近の技術進歩でドライバー、フェアウェーウッド、ユーティリティーなどのクラブが各ゴルフクラブのメーカーのカタログなどでも目立ちます。
以前にはゴルフクラブのセットに入っていなかったクラブにお気づきでしょう。
ドライバーにしても、技術進歩で一昔前(と言っても数年前)のドライバーとは比較にならないくらい技術革新がなされています。
今現在使っているドライバーを思い切って最新モデルに変えてみる、すると、飛躍的に飛距離が伸びる可能性は大いにあります。

【最近のドライバーの傾向】
■最近のドライバーは素材が、チタンなどの軽量素材の特徴を上手く使った大型ヘッドで、スイートエリアも大きくてボールを捉えやすくなっている。
■最近のドライバーは 低スピンで高い打ち出し角によって距離を出す設計になっている。
(もちろんボールも対応して変化しています)

ゴルフクラブの選び方の情報源として、ゴルフクラブのカタログには様々な情報が集約されていますので、ゴルフクラブの選び方に必要な知識を持った上で見ると面白いですよ。


posted by ゴルフクラブ at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブの選び方、基礎知識

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブのバランスの測定方法

ゴルフクラブのバランスを測定する方法としてよく知られている方法として「14インチバランス法」という計測方法があります。
この計測方法は、まだカーボン製のゴルフクラブなどなかった時代に考案されたゴルフクラブのバランス計測法ですが、現在でもゴルフクラブのバランスの計測器など、この14インチバランス法が採用されています。
【注意】素材等により一概には言えませんし、各ゴルフクラブのメーカーもゴルフクラブのバランスの基準にのこの14インチバランス法で求める数値と多少違うようです。

ゴルフクラブのバランス計測として、14インチバランス法で、現在自分で使っているゴルフクラブのバランスを計測する事で、ゴルフクラブの調整、ゴルフクラブを購入する場合の参考として活用する事ができます。

【14インチバランス法計算式】
(重心距離−14インチ)×総重量=数値
■1インチ=25.4mm ■1オンス=28.35g
この計算方式は、元々外国で考案された物ですので、インチとオンスでの計算方法となっていまので14インチバランス法をする場合には、ミリやグラムをインチ、オンス換算して計算します。

その数値ををゴルフクラブのバランスの尺度である数値に当てはめる(換算一覧参照)とD1,D2といった値が導き出されます。

【14インチバランス法換算一覧】
A6 171.5 /A7 173.25 /A8 175 /A9 176.75
B0 178.5 /B1 180.25 /B2 182 /B3 183.75 /B4 185.5 /B5 187.25 /B6 189 /B7 190.75 /B8 192.5 /B9 194.25
C0 196 /C1 197.75 /C2 199.5 /C3 201.25 /C4 203 /C5 204.75 /C6 206.5 /C7 208.25 /C8 210 /C9 211.75
D0 213.5 /D1 215.25 /D2 217 /D3 218.75 /D4 220.5 /D5 222.25 /D6 224 /D7 225.75 /D8 227.5 /D9 229.25
posted by ゴルフクラブ at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのバランス

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブの選び方の前にゴルフクラブについて

ゴルフクラブの選び方の前にゴルフクラブの種類について、紹介しておきましょう。

ゴルフクラブの選び方に関係してくるクラブの種類は大きく別けてウッドとアイアンに区別されます。
そして、クラブには「2番、3番」などの番手があり、番号が大きくなるほど短い距離を打つためにデザインされています。
また、最近では、ユーティリティと呼ばれる、アイアンとウッドの中間的特性持つクラブも登場してきておりゴルフクラブの選び方も多くなっています。

ゴルフクラブの種類:ウッド
従来は、ヘッドが木製が主流であったためこの名前に。
最近はチタンなどメタル製やカーボンとメタルの複合製に取って代わらたが、ウッドと呼ばれるています。
1番ウッド(ドライバー)、2番ウッド(ブラッシー)、3番ウッド(スプーン)、4番ウッド(バッフィ)、5番ウッド(クリーク)、6〜9番ウッド
ドライバー以外のウッドを以外を最近は総称してフェアウェイウッドと呼ぶようになっています。

ゴルフクラブの種類:ユーティリティ
ウッドとアイアンの中間に位置するクラブで、形状も中間である。
やさしく飛ばせて、ボールが上がりやすいと言われています。

ゴルフクラブの種類:アイアン
大きな角度をつけられた短距離用のウェッジ、グリーン近くで使用するピッチングウエッジ、バンカー用としサンドウェッジなどの種類があります。

1番〜9番アイアンと番手はありますが、1、2番はあまり使われなくなったため、最近ではゴルフクラブのメーカーのカタログを見ても3番〜9番しか見当たりません。

ピッチングウェッジ (PW)グリーンへの寄せの際によく使用されます。
サンドウェッジ (SW)バンカーからの脱出の際によく使用されます。
アプローチウェッジ (AW)ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフト角のクラブです。

ゴルフクラブの種類:パター
グリーン上で使用するクラブで、その使い方はパッティングと呼ばれ、最後の最後、グリーン上でカップインさせる時に使われます。
posted by ゴルフクラブ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブの選び方、基礎知識

ゴルフクラブの選び方

ゴルフクラブのバランス

ゴルフクラブのバランスとよく聞きますが、そもそもゴルフクラブのバランスとは何でしょう?

ゴルフクラブのメーカーの用意しているカタログをご覧になれば分かりますが、そこには必ず、そのゴルフクラブのスペック表が載っています。
ゴルフクラブのスペック表には番手、ロフト角、ライ角、長さ、クラブ重量、そして「バランス」という欄が必ずあり、D0,D1,D2などと言う記号が載っています。
これがゴルフクラブのバランスを示す数値です。

では、このゴルフクラブのバランスの数値はどういうものなのでしょうか。
これは重量のバランスを示す数値で、ヘッドの方に重量が偏っている数値だと、バランスの重いクラブということになります。
A1〜C0→C1→C2→〜C9→D0→D1→D2→〜F9と言うようにゴルフクラブのバランス数値が低いほど軽く感じて振りやすいく、ゴルフクラブのバランス数値が大きいほど、ヘッドに重量が偏るために重く感じて振りにくくなります。

ゴルフクラブのバランス数値はレディース用などでB9やC0などをよく見ますし、男性用では、D1、D2などをカタログではよく見ますね。

つまり、ゴルフクラブのバランスはクラブを持ったとき、スイングした時の重さまたは配分を示すともいえます。
ゴルフクラブの総重量が同じでもこのゴルフクラブのバランス数値が違えば、持ったときの重さは違って感じられるます。
簡単に言えば、たとえば長さ2mの竹ざおでも真ん中を持てば片手で軽く持てますが、一番端を持っては重く感じて持てないと言い換えれますね。

このように考えれば、ゴルフクラブのバランスが及ぼす影響はゴルフクラブのセッティングや、ゴルフクラブを選ぶ際の目安として役立ちますね。
つまり、ゴルフクラブを選ぶ時に、少しヘッドが重く感じたら、数値を少し低い物を試す、また反対に軽すぎたらゴルフクラブのバランスの大きい物を試せばいいのです。
※実際にはシャフトのしなりなども関係してきます。
posted by ゴルフクラブ at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフクラブのバランス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。